<めざす学校像>
○児童生徒の人格を尊重し、豊かな感性と自立心をはぐくむ学校
○児童生徒がよりよく生きる力を身につけ、社会参加と貢献をめざす学校
○笑顔にあふれ、人や物を慈しみ、希望に満ちた活力ある学校
○児童生徒保護者が「入学して(入学させて)よかった」「卒業して(卒業させて) 
 よかった」、教職員が「勤務してよかった」と思えるような期待に応える学校
○明るく、綺麗な「花と緑と野鳥のさえずりに囲まれた」潤いのある学校
○歴史の継承と未来を創造し、地域に開かれた信頼される学校

 <めざす教職員像>
○児童生徒を愛し、一人一人の視点に立って、「個の良さ」を発揮させる教職員
○個々の教育活動に真摯に取り組み、その改善・充実に努める教職員
○特別支援教育の専門家として、自信と誇りに満ちた教職員
○保護者の思いや願いを共感的に理解し、その期待に応える教職員
○教育公務員としての自覚と責任を持ち、同僚性を大事にする教職員
○学校運営の広い視野に立ち、主体的に参画する教職員


(1)児童生徒の「生きる力」を育成するため、一人一人の卒業後の姿を見据えた教育に努める。
(2)保護者及び医療・労働・福祉等の関係機関と連携し、卒業後の社会参加に向けた長期的な
 視点で児童生徒の実態に応じたAPDCAサイクルに基づく教育支援を推進する。
【Assessment(実態把握・分析)−Plan(計画)−Do(実践)−Check(評価)−Action(改善)】
(3)児童生徒の障害の状態及び能力・適性等、障害の特性に応じた適切な指導を推進する。
(4)児童生徒が明るく快適で安全な学校生活を送れるように教育環境の安全確保に努める。
(5)新学習指導要領を見据えた教育課程編成を推進する。
(6)全職員の資質能力及び専門的力量の向上を図り、全職員の協働体制の下、円滑な学校
 経営を推進して地域から信頼される学校づくりを目指す。
(7)児童生徒の自立と社会参加の実現のため、「豊かな心」を育む道徳教育及び「主体性」を
 育むキャリア教育の視点による実践と研修の充実を図る。
(8)学舎連携を強化し、自立と社会参加をめざした魅力ある寄宿舎運営の充実を図る。

児童生徒一人一人の障害の状態と心身の発達段階に応じて教育を施し、障害による学習上又は生活上の困難を積極的に克服しようとする意欲を育て、個性豊かで明るく、たくましく、ねばり強く生きようとする「生きる力」を育成し、自立と社会参加をめざす。

<めざす児童生徒像>
○ 明るく元気でたくましい児童生徒(健康)
○ 仲良く思いやりのある児童生徒(協力)
○ 最後までねばり強く頑張る児童生徒(自立)
○  困難を克服しようと努力する児童生徒(自律)
○  よく考え、自ら学び行動できる児童生徒
(主体)

本校の教育目標を達成するための方針
本校の教育目標を達成するための方針